Questions? +1 (202) 335-3939 Login
Trusted News Since 1995
A service for global professionals · Sunday, December 5, 2021 · 557,636,543 Articles · 3+ Million Readers

日本におけるMCX革命の幕開け

The main MCX beneficials will be the public service, aerospace and defence, railways, energy and the automotive industries.

ディスラプティブなMCXテクノロジーの導入が日本でも急速に広がってきた。 「Softilのテクノロジーを活用することで日本企業もこうした 最新技術の恩恵を受けることができる」 Softil日本担当ビジネスデベロップメント責任者、小木曽 明夫。

TOKYO AND TEL AVIV, JAPAN AND ISRAEL, October 5, 2021 /EINPresswire.com/ -- 「テクノロジーとイノベーションが日本の競争力の基盤であり、ディスラプティブ(かつてないほど革新的)な技術やアイデアによって人々の生活、世界との関わり方が変化する」と政府関係者もコメントしています。

MCX(ミッションクリティカルな通信)業界は年間260億ドル規模と予想されています。日本全土で人命救助に関わる初期対応機関(消防、救急、警察)でのスマートMCXテクノロジーや機器の活用をサポートするために、日本のテクノロジー企業が始動しはじめました。


日本は長年モバイル通信をリードしてきました。モバイルブラウザベースの商用Webサービス、モバイルメール、カメラ搭載端末はいずれも日本が世界に先駆けて開発したものでした。こうしたイノベーションの文化は優れたエコシステムを生み、日本の産業発展にも寄与してきました。

そして今、日本のネットワークは5GやIoT(モノのインターネット)など、他のディスラプティブイノベーションと同様な流れをたどろうとしています。

日本におけるMCXテクノロジーの急拡大の要因は何なのでしょうか。

Softilの日本担当ビジネスデベロップメント責任者、小木曽 明夫は次のように述べています。
「日本のクリティカルインフラストラクチャは少数企業が提供する旧来型のテクノロジーに依存してきました。たとえば日本の鉄道は世界一と言われていますが、古い通信技術が使われています。そのためMCXテクノロジーで強化する余地が非常に大きいと言う事です。

韓国や他の東南アジア諸国ではMCXテクノロジーの活用が盛んです。たとえばMCX対応の制御室の導入や、常時接続された耐久性の高いスマートドライバー端末を時速250km以上で走行する列車内に搭載するといった取り組みがなされています。

日本のエネルギー業界もMCXテクノロジーの恩恵を受けることができます。そしてクリティカルインフラストラクチャ企業はMCXテクノロジーによって運用効率の向上、エネルギーコスト削減を達成することができるのです。」

… 新たな収益源
Market Research Future(MRFR)によると、全世界のミッションクリティカルな通信市場は2025年までに約266億6千米ドルに達することが予想されています。これは2019年~2025年で10.5%のCAGR(年平均成長率)達成を意味します。

MCX導入のメリットが最も大きい分野として公共サービス、航空宇宙/防衛、鉄道、エネルギー、自動車業界が挙げられます。ハンドヘルド型の耐久性強化デバイスメーカー、MCX/LMRゲートウェイベンダー、派遣/指示/制御用コンソール、記録用ソリューション、列車/地下鉄用通信機器でもMCXテクノロジーに対するニーズが大きく、市場拡大を後押しする見込みです。

IPベースのミッションクリティカルなVoLTEおよびViLTE(voice and video communications over LTE)ソリューションを開発するために、クロスプラットフォームのクライアントフレームワークを導入する動きが加速していることも潜在的な市場規模の大きさを示しています。
米国のFirstNet、英国のESN、韓国のSafeNetなどが牽引しているこうした世界的な需要は、日本の通信ソリューションベンダーにとっても、日本国内だけでなく、MCXをすでに導入している諸外国(韓国、米国、英国、EU諸国など)でのソリューション提供のまたとないチャンスです。
… 全国的な導入プログラム
Softilは既に過去10年に渡り、国内の殆どの大手ベンダーにIP通信テクノロジーを提供しています。
今回、Softilでは小木曽が中心となって、国内外でモバイル通信機器を提供している日本企業向けに全国的なMCX導入のためのプログラムを推進しています。このプログラムではBEEHDと呼ばれるSoftilのMCXソフトウェア開発キットを利用することで、日本企業が世界中の競合他社とすぐに肩を並べられる様に成ります。
SoftilのBEEHDは3GPP MCX Release 16標準に準拠したクロスプラットフォームフレームワーク(SDK)で、耐久性が強化されたハンドヘルド型デバイス、MCX/LMRゲートウェイ、記録ソリューション、列車/地下鉄用通信機器の開発者やメーカーによる、アプリケーション開発プラットフォームとしての利用を想定しています。BEEHDテクノロジーは初期対応機関、ユーティリティ、採掘、輸送用のミッションクリティカルなvoice and video over LTE/5G(MCPTT、MCVideo、MCData)ソリューションの開発を加速しようとしているシステムインテグレータ、MCXアプリケーション開発者、サービスプロバイダなどにも適しています。
Siemens Mobility、Capita、Hanswell、Daeyounなど、Softilを採用している世界中の革新的な企業と同様に、ハンドヘルド型、デュアルモード、車載用のデバイスメーカー、プライベートLTEソリューションプロバイダ、制御室ベンダーなど、日本のテクノロジー企業もすぐにMCX革命に参加して新たな収益源を得ることができます。スピードが重要です。


Softilについて

Softilはミッションクリティカルな通信製品とサービスのためにIP通信ソリューションを提供しています。SoftilのBEEHDフレームワーク(SDK)は多種多様な3GPP MCXミッションクリティカル通信ソリューション、デバイス、製品やエンタープライズおよびIMS/VoLTE向けのリッチメディアアプリケーションを実現する主要なテクノロジーです。全世界800社以上の大手企業に採用されているSoftilは、標準ベースのシグナリング、マルチメディア、IMSに関する貴重な専門知識を組み合わせることでVoice and Video over IPを他社に先駆けて開発するなど、多数の技術的功績があります。受賞歴のあるSoftilのプロトコルスタックスイートにはIMS、Diameter、SIP、MSRPなどが含まれています。Softilの優れたテクノロジーにより、新製品の開発が容易になり、商品化をスピードアップすることができます。詳細はhttps://www.softil.comをご覧ください

以上

Hugh Paterson
Whoosh PR
+44 7465962446
email us here

Powered by EIN Presswire


EIN Presswire does not exercise editorial control over third-party content provided, uploaded, published, or distributed by users of EIN Presswire. We are a distributor, not a publisher, of 3rd party content. Such content may contain the views, opinions, statements, offers, and other material of the respective users, suppliers, participants, or authors.

Submit your press release